About Me

Yoshinori Kagawa

主な経歴:

1995年 兵庫県立龍野高等学校卒業

2002年    富山医科薬科大学卒業

2002年    大阪大学医学部附属病院 高度救急救命センター研修医

2003年 市立豊中病院 救急科専攻医

2004年 市立豊中病院 外科専攻医

2007年 市立豊中病院 大腸外科 医員

2009年 大阪大学大学院 消化器外科学 大学院 博士課程

2013年 関西労災病院 下部消化管外科 医長

2015年 関西労災病院 下部消化管外科 副部長

2020年 大阪急性期・総合医療センター 副部長

2024年 大阪国際がんセンター 大腸外科 副部長

 

2013年2016年 大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 生体イメージング 招聘研究員

2021年 大阪大学大学院 消化器外科学 招聘教員    



その他特記事項:

2007年 日本外科学会 専門医

2009年 日本救急医学会 専門医

2009年 日本がん治療認定機構 がん治療認定医

2013年 日本消化器外科学会 専門医

2013年 日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医

2015年 日本消化器病学会 専門医

2015年 日本外科感染症学会 評議員

2015年  インフェクションコントロールドクター(ICD)

2016年 日本大腸肛門病学会 専門医

2016年 日本消化管学会 専門医、指導医

2016年 日本外科感染症学会 外科周術期感染管理医・教育医

2017年 日本ストーマリハビリ学会 ストーマ認定士

2018年 日本内視鏡外科学会 技術認定医(大腸)

2018年 日本外科学会 指導医

2018年 日本消化器外科学会 指導医

2019年 日本ロボット外科学会 Robo-Doc Pilot 国内B級認定

2020年 日本大腸肛門病学会 指導医

2020年 日本消化器病学会 指導医

2020年 日本内視鏡外科学会 ロボット支援手術認定プロクター(直腸)

2021年 日本大腸肛門病学会 評議員

2023年 日本内視鏡外科学会 ロボット支援手術認定プロクター(結腸)

2024年 日本内視鏡外科学会 評議員

2024年 日本腹部救急医学会 評議員

近畿外科学会 評議員

関西STOMA研究会 世話人

近畿内視鏡外科研究会 世話人



【学位】 

大阪大学大学院消化器外科学 博士課程修了

研究テーマ がん細胞の生体イメージング 「がんの細胞周期と浸潤について」

2光子顕微鏡を用いた生体内でのがん細胞の細胞周期の可視化


【取得研究】

1.文部科学省 2012年度科研費 若手B 賀川義規(がんの生体イメージング)

2.文部科学省 次世代がん研究シーズ戦略育成プログラム 「ARHGAPを標的としたがん細胞浸潤を抑制する新規治療法の開発」 石井優 賀川義規

3. 文部科学省 2024年度科研費 基盤C 賀川義規(Radiogenopathomicsに基づく局所進行直腸癌に対するTNTの効果予測AIモデルを構築)


【受賞】

第64回    日本消化器外科学会学術総会 要望演題 優秀賞 (2009)

第2回   顕微鏡フォトコンテスト 最優秀賞 (2010)

第56回  関西STOMA研究会 最優秀賞 (2014)

第2回   大阪大学消化器外科 内視鏡外科分科会ビデオ賞(2016)

第39回  癌局所療法研究会 優秀賞 (2017)

第40回  日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会 優秀演題賞 (2023) 

第22回  大阪病院学会 優秀賞 (2023)

第36回  日本内視鏡外科学会 優秀演題賞 (2023)

Best Doctors 2021-2024



【特許】

国内特許 新規抗腫瘍剤及びそのスクリーニング方法 特許第5854569号 (P5854569) 賀川義規、石井優、森正樹ら

国際特許 Novel antitumor agent and method for screening same WO 2013111897 A1 Y.Kagaawa、M.Ishii、M.Moriら



【メディア】

個別化医療について (サンデーステーション)

進行大腸癌に対する実臨床での薬剤選択の考え方とは(日経メディカル)

抗EGFR抗体薬の再投与に威力を発揮する大腸癌のリキッドバイオプシー(日経メディカル)

手術動画ライブラリーロボット支援下ISR手術)【医療者限定】

病院の実力(読売新聞)

医なび(読売新聞)

日本人局所進行直腸癌への術前の放射線治療と化学療法の有効性の評価と臓器保存の予測因子を探す第3相試験が開始 (日経メディカル)

ブラックジャックを探せ(夕刊フジ)

最新医療 大腸がん名医5人(健活手帖)

長期結果から直腸癌のTotal neoadjuvant therapyの意義が明確に(日経メディカル)

局所進行直腸癌に術前治療を強力に行うTotal neoadjuvant therapyが日本人患者でも有効な可能性(日経メディカル)

局所進行直腸癌に対して放射線治療と化学療法を術前に行うTNTの効果判定のための国際的なコンセンサス作りが開始(日経メディカル)

がんと出産 治療前に受精卵保存(前編)(読売新聞)

がんと出産 つなげた命 心の支えに(後編)(読売新聞)


論文】

1.    Kagawa Y, Smith JJ, Fokas E, Watanabe J, Cercek A, Greten FR, et al. Future direction of total neoadjuvant therapy for locally advanced rectal cancer. Nat Rev Gastroenterol Hepatol. 2024.

2    Kagawa Y, Elez E, Garcia-Foncillas J, Bando H, Taniguchi H, Vivancos A, et al. Combined Analysis of Concordance between Liquid and Tumor Tissue Biopsies for RAS Mutations in Colorectal Cancer with a Single Metastasis Site: The METABEAM Study. Clin Cancer Res. 2021;27(9):2515-22.

3.    Kagawa Y, Matsumoto S, Kamioka Y, Mimori K, Naito Y, Ishii T, et al. Cell cycle-dependent Rho GTPase activity dynamically regulates cancer cell motility and invasion in vivo. PLoS One. 2013;8(12):e83629.

4    Kagawa Y, Shinozaki E, Okude R, Tone T, Kunitomi Y, Nakashima M. Real-world evidence of trifluridine/tipiracil plus bevacizumab in metastatic colorectal cancer using an administrative claims database in Japan. ESMO Open. 2023;8(4):101614.

5.    Kagawa Y, Watanabe J, Uemura M, Ando K, Inoue A, Oba K, et al. Short‐term outcomes of a prospective multicenter phase II trial of total neoadjuvant therapy for locally advanced rectal cancer in Japan (ENSEMBLE‐1). Annals of Gastroenterological Surgery. 2023.

6.    Kagawa Y, Yamada D, Yamasaki M, Miyamoto A, Mizushima T, Yamabe K, et al. The association between the increased performance of laparoscopic colon surgery and a reduced risk of surgical site infection. Surg Today. 2019;49(6):474-81.

7.    Kagawa Y, Kato T, Naito A, Morimoto Y, Sato Y, Kuwahara R, et al. Single-site laparoscopic right hemicolectomy for acute cecal volvulus: a case report. Surg Case Rep. 2016;2(1):51.

8.    Kagawa Y, Hata S, Shimizu J, Sekimoto M, Mori M. Transumbilical laparoscopic-assisted appendectomy for children and adults. Int J Colorectal Dis. 2012;27(3):411-3.

9.    Bando H, Kagawa Y, Kato T, Akagi K, Denda T, Nishina T, et al. A multicentre, prospective study of plasma circulating tumour DNA test for detecting RAS mutation in patients with metastatic colorectal cancer. Br J Cancer. 2019;120(10):982-6.

10.    Boku S, Satake H, Ohta T, Mitani S, Kawakami K, Suzuki Y, et al. TRESBIEN (OGSG 2101): encorafenib, binimetinib and cetuximab for early recurrent stage II/III BRAF V600E-mutated colorectal cancer. Future Oncol. 2022;18(38):4153-60.

11.    Nose Y, Kagawa Y, Hata T, Mori R, Kawai K, Naito A, et al. Neutropenia is an indicator of outcomes in metastatic colorectal cancer patients treated with FTD/TPI plus bevacizumab: a retrospective study. Cancer Chemother Pharmacol. 2020;86(3):427-33.

12.    Nakamura Y, Taniguchi H, Ikeda M, Bando H, Kato K, Morizane C, et al. Clinical utility of circulating tumor DNA sequencing in advanced gastrointestinal cancer: SCRUM-Japan GI-SCREEN and GOZILA studies. Nat Med. 2020;26(12):1859-64.




大阪 淀屋橋 大江橋 水の都
大阪 淀屋橋 大江橋 水の都

Yoshinori Kagawa

このウェブサイトでは Cookie を使用しています。詳細は当社の プライバシーポリシー を参照してください。

OK